グロースパートナー
社労士事務所

〒849-0934 佐賀県佐賀市開成5丁目4番26号
佐賀県の中小企業経営者の「リーダーが育たない」「管理職が役割を果たしてくれない」「ハラスメントを予防したい」というお悩みを解消するために活動しています。
★グロースパートナー社労士事務所は一般社団法人キャッシュフローコーチ協会、一般社団法人リネジツのメンバーです。★
 090-3412-1022
お問い合わせ

ブログ

2023 / 07 / 10  12:00

「社員に○○を【期待】しているんだけど、なかなか応えてくれない」というお悩みについて

最近ですが、社長と話す中で、
「社員に○○を期待しているんだけど、なかなか応えてくれない」
というお悩みが多くなりました。

例えばこんな感じです。
「もっとお客さんに親身になって対応して欲しい」
「お客様一人ひとりを大切にして欲しい」
「もっと採算意識を持って仕事をして欲しい」

自分の会社の社員さんに色々と期待することは
経営者として当然のことだと思います。

ただ、社労士的な目線で見ると、
会社と社員は労働契約を結んでいるので、
指示された業務を行う代わりに、
労働の対価としてお給料をもらうという契約である以上、
労働契約に定めていないものを求めるのは過剰な期待であるとも言えます。

とは言え、社員が社長の期待に応え成長していくことで、
会社も成長し、社員も昇給などでお給料が増え、
お互いがハッピーになるのは間違いがないことです。

社長はそれが頭の中にイメージできているので、
社員に期待するのです。

では、お互いがハッピーになるイメージを持って
仕事をしている社員さんはどれほどいるのでしょうか?

おそらく目の前の業務に気を取られるあまり、
そのようなイメージを持って働いている社員さんはそう多くはないでしょう。

ただ、そんな社員でも
「社長にはもっと○○して欲しい」
という期待は持っています。

例えばこんな感じです。
「人を増やして有休を取りやすいようにして欲しい」
「資格を取ってお客様に貢献したいので資格取得の費用を支援する制度を作って欲しい」
「もっと私たち社員一人ひとりと向き合って欲しい」

つまり、お互いに期待だけはしっかりとしている状態なのです。

このように、自分の期待をお互いが主張している状態は
あまりよい状態とは言えないですよね。

これが行き過ぎると、
社長であれば社員から「パワハラ経営者」と呼ばれるかも知れませんし、
社員であれば社長から「主張が強すぎるモンスター社員」と呼ばれてしまうかも知れません。

実は、「期待」の真逆の性質を持つ言葉に着目することで、
この良くない状態が解決に向かっていきます。

さて、そのキーワードとはなんでしょう?

それは
「貢献」
です。

どういうことなのかを実際の例で説明しますね。

冒頭の
「もっとお客さんに親身になって対応して欲しい」
というお悩みの社長に
次の質問を私は投げかけてみました。

「社長が社員に何を期待していることはわかりました。
では、社長はその社員に貢献できることはなんですか?」

するとさっきまで社員に期待することがスラスラ出ていた社長が
「うーんそれはまあ、なんだろう…」
と急にモゴモゴとなりました。

このお話から伝えたいこと、
それは、社長が社員に「期待」だけして、
社員に「貢献」できることを全く考えていない状態は
非常にバランスが悪いということです。

そして、社長が社員に「期待」だけ伝えるのではなく、
社員に「貢献」できることを伝える必要があるということです。

社長からの「期待」は社員もある程度想定できているのですが、
社長からの「貢献」を聞いた社員の多くは
「社長は私にそこまで考えてくれていたんだ」
とハッとさせられることが多いです。

そのようなポジティブな空気を作りバランスを整えることで、
社員が会社に「貢献」できることも引き出しやすくなります。

なお、「期待」することが
全て悪いというわけではありません。

「今もできていて、これからもやり続けて欲しい」という「期待」
これは「感謝」です。

そして
「今はできていないけど、今後はやって欲しい」という「期待」
これは「要望」です。

「期待」を伝えるときは、
それが「感謝」なのか「要望」なのかを理解しておく必要がありますし、
「要望」ばかりにならないよう
「感謝」の量も意識するようにバランスを取ってみてください。

今日のお話が少しでも気になった経営者の方は、
上記のような「期待と貢献」面談を社員さんとやってみることをおススメします。

なお、
「社員との面談で自分が伝えたいことを伝える自信がない」
「お互いに負の感情が出そうで怖い」

という経営者の方がいらっしゃいましたら、
社員面談に立ち会ったり、
経営者に代わって社員面談を行ったりして、
お互いの「期待」と「貢献」についてお互いが納得し、
社員さんが自立的に行動しやすくなる環境を作るサポートを弊社がいたします(^^)

ぜひ申し込みフォームからお問い合わせください!
https://saga-syaroushi.com/contact
2024.06.16 Sunday