グロースパートナー
社労士事務所

〒849-0934 佐賀県佐賀市開成5丁目4番26号
佐賀県の中小企業経営者の「リーダーが育たない」「管理職が役割を果たしてくれない」「ハラスメントを予防したい」というお悩みを解消するために活動しています。
★グロースパートナー社労士事務所は一般社団法人キャッシュフローコーチ協会、一般社団法人リネジツのメンバーです。★
 090-3412-1022
お問い合わせ

ブログ

2023 / 08 / 28  12:00

速読の極意とは?~前編~

先日ですが、ストアカというサイトで
「1冊30分で読む『速読法』 【トレーニング不要・仕事に役立つ!】」
という2時間のセミナーをオンライン受講しました。

料金は5,400円とかなりリーズナブルなお値段です。

他にも色々なオンラインセミナーが低価格で受講できるようですが、
便利な世の中になったものですね~

「速読」は以前から興味がありました。

だって本が早く読めるって
めちゃめちゃ便利ですよね。

ちなみに、10年以上前に受講した速読セミナーは 脳の可能性を引き出すというやや怪しげなもので、 全く効果はありませんでした… 同じ頃に速読を解説した本も読みましたが、 目をコピー機のスキャン機能のようにして 文字を読み取るという内容で、 相当なトレーニングを要するものであり これも全く効果はありませんでした… 今回のストアカのセミナー講師は 知り合いの知り合いだったので ある程度信頼のおける方でしたし ビジネス書限定ということだったので とても楽しみにしていました。 受講した結果ですが… メチャメチャ良かったです! 最初にビジネス書の速読の極意を学びました。 その極意を皆さん知りたいでしょうか?? その極意とは… ①本を読む時間を決める ②読まない(仮説→検証・確認) ③諦める(完璧を求めない) たったこれだけです笑 さすがにこれだけでは 納得できないでしょうから、 簡単に解説しますね。 ①本を読む時間を決める これは、 ・2週間以内に読む ・電車で読む ・30分で読む と時間や期限を決めるということです。 ちなみに10分間で本の中身で気になるところに 付箋を貼るワークをしたのですが、 時間が全く足りません。 ただ、この足りないくらいが 脳が活発に動くのに最適らしいです。 ②読まない(仮説→検証・確認) 「読まない」というとやや大げさですが、これは ・想像をして(仮説を立てて)確認する(検証する) ・「問い」を立てて(テーマを持って)、「答え」を出す(答えを探すのでなく出す) ということを意味しています。 「知りたいことの答えが出たり、確認ができれば、いいんでしょ?」 「ビジネス書を読むことが目的ではないでしょ?」 という考え方です。 まあ、一生懸命書いてくれた著者には申し訳ないですが笑 ③諦める(完璧を求めない) これは ・100%を求めない ・割り切る ということです。 そもそも、ベストセラーと言われるビジネス書の中身は ・8割は知っていることで、知らないことはたった2割、 ・8割は当たり前のことで、意外なことはたった2割 という構成になっているそうです。 つまり、読み手が得たい情報というのは 全体の2割以下のところにあるので、 8割のところは読まずに諦めましょうという考え方です。 せっかくお金を出して買った本だと もったいない気もしますが、 そこは割り切りましょうということですね。 さて、今回のメルマガは速読の極意についてお話をしましたが いかがだったでしょうか? なんだか読書がスポーツ競技のように感じてきたのは 私だけでしょうか?笑 さて、次回のメルマガでは、 速読をするための具体的ステップについてお話しますね! 「じゃあ、具体的にどのように速読するの?」 という疑問が解消されるお話しをしていきます。 次回をお楽しみに(^^)
2024.06.16 Sunday